注文住宅を建てる際にしておきたい防犯対策とは?詳しくご紹介します!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/06/12

注文住宅を建てる際にしておきたい防犯対策とは?詳しくご紹介します!


長く住み続けるマイホームはしっかりと防犯対策を行って安全な住まいにしたいですよね。
そこで今回は、注文住宅を建てる際にしておきたい防犯対策についてご紹介します。
また、空き巣に狙われやすい環境についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

空き巣に狙われやすい環境の特徴とは?


その特徴としては、主に3つ挙げられます。

公園が近くにある


1つ目は、大きな公園が近くにあることです。
侵入者は物件の下見を行ってから犯行に及ぶことが多いです。
近くに大きな公園があると、侵入者が不特定多数の人に紛れて長時間下見をしても不自然にならないため、入念な下見が可能となります。
そのため外出する時間や窓の位置、住人の様子などの情報が集めやすく、ターゲットとなりやすいです。

庭の見通しが悪い


2つ目は、庭などに樹木が多く見通しが悪いことです。
建物の周囲が囲われていると安全なように見えますが、一度侵入すると外から気づかれずに作業しやすいのです。

視界がよくない立地


3つ目は、袋小路など視界の悪い立地にあることです。
視界が悪い袋小路に面した場所も注意が必要です。
このような立地は物陰が多く、侵入や逃走が容易にできるため空き巣に入るリスクが低くなります。

注文住宅を建てる際にやっておきたい防犯対策をご紹介!


まずは窓の防犯対策です。
窓の中でも大きな掃き出し窓は配置場所を考慮すべきです。
見通しが良く、敷地に入らないと近づけない位置に設置すべきでしょう。
掃き出し窓は、鍵さえ開けられれば簡単に侵入できるので、防犯ガラスを取り入れるのも一つの手です。

玄関


次に玄関です。
玄関は、普段から家族以外の人間も利用することが多い場所です。
そんな玄関の防犯としては、ピッキングされにくい鍵を採用するのはもちろん、明かりをとるために設置するガラスにも注意することが挙げられます。
盲点になりやすい玄関のガラス部分ですが、扉の横などに設置してしまうと、そこを破って鍵を開けられてしまう恐れがあります。

ベランダ・バルコニー


最後にベランダやバルコニーです。
室内とつながるベランダやバルコニーに目隠しを設置しているお宅は多いですが、防犯性を低くしてしまう場合があります。
特に目隠しに高さがある場合は、一度侵入すれば人目につくことがないので、侵入者にとって好条件です。
ベランダやバルコニーに目隠しを設ける際は、高さとデザインに注意しましょう。

まとめ


今回は、安心安全な注文住宅をお考えの方に向けて、注文住宅を建てる際にやっておきたい防犯対策についてご紹介しました。
また、空き巣に狙われやすい環境についてもご紹介しました。
記事の特徴に当てはまる方は、特に防犯対策に力を入れると良いでしょう。
その他ご質問や相談などありましたら当社までお問い合わせください。
 

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る