メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/10/28

注文住宅の窓の種類とは?それぞれの特徴について解説!

掃き出し窓の写真

「注文住宅の窓の種類と特徴について知りたい」
「窓の持つ役割について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を建てるうえで、窓に悩む方も多いと思います。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

窓の種類とそれぞれの特徴について

皆さんは、窓の種類や特徴についてご存知ですか。
あまり窓の種類について考える機会もありませんよね。
まずは、よく住宅で使われている窓について解説します!

すべり出し窓

アクセントクロスが目を引く洋室の写真(右側の高所にある横長の窓がすべり出し窓です)

1つ目は、すべり出し窓です。

操作ハンドルを押す/引く、または回して開閉するタイプの窓です。
メリットは、気密性の高さ小さなスペースでも設置が可能なことです。
デメリットは、窓を開ける際に開放側にスペースを確保しておく必要があることです。
また、内開き窓は室内側にカーテンを設置することが難しいので注意しましょう。

引き違い窓

引違い窓がある洋室の写真

2つ目は、引き違い窓です。

一般的な窓というと、この形を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

引き違い窓のメリットは、風の強さなどに応じて窓の開く幅を調節できることです。
また、窓を枠から全部外せるため、引っ越しの際に玄関から入れられない家具も窓から入れられます。
デメリットは、窓をスライドして開閉するため、気密性があまり高くないことです。

FIX窓

ピクチャーウィンドウが印象的な洋室の写真

(下:FIX窓 上:すべり出し窓)

3つ目は、FIX窓です。

窓枠とガラスが完全に固定された開かない窓です。

採光や眺望のために使われることが多いです。

メリットは、気密性が高いことと、見た目がすっきりとしていることです。
窓の外側を掃除しづらいため、高い場所にFIX窓を取り付ける場合は気をつけましょう。

以上が、窓の種類と特徴についてでした。

窓の持つ役割について

ここまで、窓の種類と特徴についてご紹介しました。
ここからは、窓の持つ役割について解説します。
窓の役割と機能について理解したうえで、設計することが大切です。
失敗や後悔を防ぐために、こちらも併せてチェックしておきましょう。

1つ目は、視認です。
外を見たり確かめたりできます。

2つ目は、採光です。
太陽光を室内に取り入れ、室内を明るくします。

3つ目は、通風です。
外の音を室内で聞いたり、風を通したりします。

窓の機能について理解せずに家をつくってしまうと、窓の種類や位置、組み合わせを間違えてしまいます。
快適な住まいを実現させるためにも、しっかり押さえておきましょう。
以上が、窓の役割と機能についてでした。

まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、窓の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。
また、窓の持つ役割についても解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、窓を決めてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもご連絡ください。

関連記事

注文住宅をお考えの方へカーテンの選び方をご紹介します!

注文住宅をお考えの方へ!玄関ドアの考え方について解説します!

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る