注文住宅にありがちなガレージの失敗を専門家が紹介します!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/01/22

注文住宅にありがちなガレージの失敗を専門家が紹介します!

注文住宅を検討している方で、ガレージについてお悩みの方はいらっしゃいませんか。

そんな方に向けて今回は、ガレージで注意したいポイントと、ビルトインガレージについてご紹介します。

間取りを考える際はぜひ参考にしてみてください。

注文住宅にありがちなガレージの失敗とは?

ガレージは大切な車やオートバイを雨風から守れるため、取り入れたい方も多いのではないでしょうか。

ガレージを作る際に注意しておきたいポイントがいくつかあるので、覚えておきましょう。

まず、排気ガスの充満に注意が必要です。

自動車やオートバイからの排気ガスがガレージ内に充満してしまうと、事故の原因になりかねませんよね。

換気扇を設置することでガスの充満を防げるため、検討してみてはいかがでしょうか。

また「意外とスペースが足りなかった」なんてことも多いです。

大きな車に乗っている場合はもちろん、ガレージの中に自転車やオートバイを置きたい場合は広めにスペースをとるのがおすすめです。

実際にどのような車を持っているのか、事前に伝えておくと良いでしょう。

駐車のしやすさも大事なポイントのため、確認しておくと良いですね。

そして中には、照明で後悔する方もいます。

夜帰宅した時に明かりがないと、駐車しにくいですよね。わざわざ車を降りて照明をつけることも面倒なため、センサータイプの照明がおすすめです。

ビルトインガレージはおすすめ?

ビルトインガレージは車を降りるとすぐ室内に入れるため、動線が非常にスムーズです。

買い物に行って大荷物がある時も便利ですし、雨の日も濡れる心配がありません。

また、ガレージ内で好きなことに没頭できることも魅力でしょう。

しかしこのようなメリットがある反面、ガレージがある分、1階の居住スペースが減ってしまうことも覚えておきましょう。

一般的には1階にリビングやダイニング、お風呂などを配置することが多いため、間取りを工夫する必要があります。

3階建てにして居住スペースを増やしても良いですね。

また、車のエンジン音が家の中に響いてしまうことも人によっては気になってしまうかもしれません。

まとめ

今回は、ありがちなガレージの失敗とビルトインガレージについてご紹介しました。

スペースの問題や、使いやすさで後悔しないように工夫すると良いですね。

ビルトインガレージは動線がスムーズで便利ですが、居住スペースが減ってしまうことも考慮しましょう。

住宅購入をお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る