注文住宅で使いやすい理想のコンセントの位置をご紹介します!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/02/08

注文住宅で使いやすい理想のコンセントの位置をご紹介します!

コンセントは、家電製品を使う際に必須で便利な日常を送るためには無くてはならないものです。

現在生活を送っている住まいで、コンセントの数が足りず延長コードを使ったり、タコ足配線になったりしている場合は改善する必要があります。

今回は、注文住宅をお考えの方へ向けて、コンセントの理想の位置をご紹介します。

あると便利なコンセントの場所をご紹介します!

1つ目は、テレビ周辺です。

現在生活をしている住まいで、テレビ回りがコードだらけになっている場合は、コンセントを多めに設置すると良いでしょう。

またテレビ周辺で利用することが多い機器には、以下のようなものがあります。

・録画機器

・ケーブルテレビ機器

・Wi-Fiルーター

・電話関連の機器

2つ目は、玄関です。

玄関に常に置いておく家電製品は少ないかもしれませんが、ライトやクリスマスツリーを設置する際に電源が必要になるでしょう。

また、玄関で掃除機を使いたい場合や、ドライヤーで濡れた靴を乾かしたい場合などにコンセントがあると便利です。

3つ目は、キッチンです。

キッチンに置く家電は時代と共にどんどん増えており、冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなどの大きな家電以外にも、ジューサーやミキサー、電動泡立て器など様々なものがあります。

これらの機器を上手く使えるように、コンセントは豊富にあって損はしないでしょう。

4つ目は、庭やベランダです。

庭やベランダ、車庫などで使えるコンセントを設置することを忘れてしまうことは少なくありません。

庭やベランダなどにコンセントがあると、掃除のために高圧洗浄機を使うときや、庭でバーベキューをするときなどに役立ちます。

コンセントの数はどのくらい必要?

コンセントがあると便利な場所を紹介しましたが、数はどのくらい必要なのか疑問に感じている方は少なくないでしょう。

そこで、ここからはコンセントの数はどのくらい必要なのかご紹介します。

まず、コンセントの位置を決める基準は掃除機を使えるかどうかです。

家全体を掃除して回るとして、掃除機のコンセントをどこから取るかを考えていくと、どれだけコンセントが必要なのか分かってきます。

また家具の裏にあるコンセントは使えない場合もあるため、家具の設置場所も考慮してコンセントの位置を決めるようにしましょう。

コンセントの設置数の目安は、居室であれば4.5畳から6畳で3個、6畳から8畳で4個、8畳から10畳で5個です。

掃除機を基準とすれば、洗面所や廊下、トイレや玄関にもコンセントが必要です。

コンセントの位置や数で迷った際は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回の記事では、コンセントがあると便利な場所や、理想的なコンセントの数についてご紹介しました。

住み始めてから、コンセントを増やす必要が無いように設計時からコンセントの設置場所に気を付けるようにしましょう。

注文住宅をお考えの際は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
 

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る