注文住宅をお考えの方へ!エアコンの種類と設置に関するトラブルについてご紹介!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/09/24

注文住宅をお考えの方へ!エアコンの種類と設置に関するトラブルについてご紹介!

アトリエプラスショールームの写真

「注文住宅にエアコンを設置したい」
「エアコンの設置に関するトラブルについてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、空調機器の種類とその特徴、また、エアコン設置に関するトラブルについてご紹介します。

空調機器の種類とその特徴について

空調機器には、大きく4種類あります。

1 エアコン

エアコンのスイッチを入れる男性のイラスト

1つ目は、エアコンです。
これは、冷暖房や送風、種類によっては除湿などの機能が備わっているものです。
部屋の広さに応じて壁や天井に取り付けて使用します。
エアコンを設置した部屋のみで空調が利くため、必要な場所と時間だけエアコンを使いたいという場合に便利です。

ただし、デメリットとして、エアコンを付けていない場所との温度差が生じること、複数のエアコンを稼働させると電気代が高くなりやすいことが挙げられます。

2 全館空調

一戸建てのイラスト

2つ目は、全館空調です。
これは、家全体の空調を一括で行うシステムのことです。
住まいに設置した大型の設備から、家中の通気口を通じて冷暖房や換気を行います。

メリットとして、各部屋にエアコンを設置する必要がないこと、家の中の温度差を少なくできること、季節に左右されにくいこと、快適に過ごせることが挙げられます。
急な温度変化で起こる「ヒートショック」の心配が減るのも、全館空調の魅力といえるでしょう。

3 床暖房

床で寝ている人のイラスト

3つ目は、床暖房です。
これは、電気式と温水式の2種類があります。
電気式の場合、床下に電熱ヒーターパネルを敷き詰めて床を暖めます。
温水式の場合、電気式ボイラーなどで温めた温水を床下配管に循環させて床を暖めます。

エアコンや全館空調とは異なり、冷えやすい足元から暖められるのが床暖房の魅力です。
床下からの暖かい空気が上昇して、部屋全体をまんべんなく暖められるという利点もあります。

4 床下エアコン

4つ目は、床下エアコンです。
これは、1階の床あたりにエアコンを1台設置し、床下にエアコンの風を送り込むことで、床下全体を冷暖房できる設備です。
一部の床を暖める床暖房とは異なり、床下エアコンは家全体の床を暖められるため、トイレや洗面所、廊下などもまんべんなく暖められることが魅力です。

エアコン設置に関するトラブルについて

エアコンを設置する際に起こるトラブルとして、エアコン計画とカーテン計画の整合性の有無が挙げられます。
これは、カーテンレールを先に取り付けてしまったことで、エアコンを設置する場所が制限される、もしくは設置場所がなくなるというトラブルです。

このトラブルを避けるためには、どんなエアコンを購入するのか、どんなカーテンレールを設置するのかを事前に検討し、設置スペースに問題がないように、計画することが大切です。

まとめ

今回は、エアコンの種類とその特徴とエアコン設置に関するトラブルについてご紹介しました。
本記事が、エアコンを設置する際の参考になれば幸いです。
注文住宅を建てることに関して不安を感じられている方は、ぜひ当社にご相談ください。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る