メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/11/20

注文住宅のウォークインクローゼットにデメリットはある?解説します!

新築住宅のウォークインクローゼットの写真

収納で人気のウォークインクローゼット。

最近では、アパートやマンションでもウォークインクローゼットが付いた物件が増えており、以前住んでいた物件にウォークインクローゼットがあったという方もいるでしょう。

ハンガーに掛けたまま収納できる、中で着替えられる、収納の自由度が高い…とメリットがたくさんのウォークインクローゼットですが、今回は「注文住宅にウォークインクローゼットを設計する場合にデメリットはあるのか?」を解説します!

ウォークインクローゼットのデメリットとは?

たくさんの衣類を収納でき、ハンガーに掛けるスペースもあるので、衣類がシワになりにくく重宝するイメージのウォークインクローゼットですが、デメリットが2点あります。

広さが必要

1つ目に、通常のクローゼットよりもスペースが必要なことです。
一カ所に大きな収納スペースをまとめて作るため、衣類や季節物など片付けたい物が多い場合、より広いスペースが必要です。
広めのウォークインクローゼットを設置したいと考えている場合、生活スペースが狭くなってしまう可能性があります。
生活スペースが狭くなったことで生活しにくくなってしまう恐れがあるため、バランスを取ることが重要です。

通路が必要

2つ目に、クローゼット内のスペース確保です。
クローゼット内を上手に収納しなければ歩くスペースが確保できず、雑然としたスペースになってしまうので注意が必要です。
また、スペースが狭い場合、ウォークインクローゼットを設置しても通常のクローゼットとあまり変わらない場合がありますので、事前の計画と打ち合わせが重要です。

失敗しないための注意点とは?

シックなアクセントクロスが印象的なウォークインクローゼットの写真

実際にウォークインクローゼットを設置すると決めた場合、注意点があります。
それは、衣類の幅を把握してラックの幅や高さを決めることです。

ウォークインクローゼットには、ハンガーパイプを設置することが多いですが、ワンピースやコートなど、衣類の種類によって幅が異なります。
そのため、収納箇所別に衣類の幅を把握して、衣類にシワができないように奥行きを決めることが重要です。

また、ハンガーパイプの下に収納用の棚を設置することがありますが、衣類が引きずらないように高さを確認することも大切です。
収納ケースなどを使用する場合には、その引き出しを開けるスペースの確保も必要です。

まとめ

今回は、ウォークインクローゼットのデメリットや注意点についてご紹介しました。


マイナス点もあるものの、ウォークインクローゼットは高い人気があり、設置される方も多くいらっしゃいます。
メリットとデメリットを検討したうえで、ウォークインクローゼットを取り入れていただければ幸いです。

関連記事

収納は大切?収納スペースの考え方について解説します!

注文住宅を検討している方必見!ウォークインクローゼットについて紹介します!

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る