メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/12/16

注文住宅の契約の注意点とは?チェックポイントを解説!

上棟の様子

注文住宅で理想のマイホームを手に入れたいとお考えの方は多くいらっしゃいます。
建築会社に依頼する前にどのような流れで準備を進めていけばいいのか知っておくと、スムーズに契約まで至ります。
今回は注文住宅で家を建てるという方のために、建築会社と契約の際の注意点についてご説明していきます。

契約までの流れとは?

①住宅会社を選ぶ

注文住宅で新居を構えることが決まったら、まずは施工を依頼する住宅会社を選びます。
多くの場合、その住宅会社と仮契約を結びます。

②打ち合わせ・見積もり

仮契約締結後は、イメージする新居像を建設会社と相談し、本見積もりを行います。
ここでは、平面図から立体図まであらゆる図面や見積書などを確認し、ミスがないかチェックします。
特に、建築にかかる付帯工事費と工事費以外のその他の費用が含まれていないことがあるので要注意です。

☆この本見積もりの段階で、新居の構造などは確定させておきましょう。
本契約を結んだ後のプランの変更や、構造の大幅なチェンジに関しては追加コストが発生し、工事期間が伸びる可能性があります。
また自然災害の多い日本での家の建築には、地盤調査は欠かせません。
地盤調査の結果によっては、理想のマイホームが同じ構造で立てられない場合もあります。
そうなった際には、再度プランを調節し直さなければならないので注意が必要です。

契約の際の注意点について

建築会社との契約の際に、注意しなければならないポイントは次の3つの観点です。

資金計画について

銀行の窓口のイラスト

1つ目は、資金についてです。
契約書類をチェックする上で非常に重要なのが、記載されている金額に誤りがないかチェックすることです。
請負代金に間違いはないか、代金の支払時期と額面に相違はないか、見積もりの総額は正しいかなど、お金に関わる項目は特にきちんと確認しましょう。

工事内容について

工事現場作業者のイラスト

2つ目は、工事内容についてです。
着工日や完成日、引き渡し日など明確に記載されているか確認しましょう。
その他に、工事が変更や中止になった際の対応についてや、工事が自然災害による影響を受けた場合の補償方法などもしっかりチェックしましょう。

引き渡し後のこと

一戸建てのイラスト

3つ目は、引き渡し後の対応についてです。
新居に住み始めてから建物内に不具合や欠陥が見つかった場合の、会社側の契約不適合責任について明記されているかも見ておきましょう。
引き渡しが遅れた場合の損害金の有無や金額も要確認です。

契約書類は、非常に分厚く一気に読み進めるのは難しいです。
また、契約内容に質問や不明点がある場合は、担当者に相談して解決しておきましょう。

まとめ

契約を1度結んでしまうと、変更するには費用がかかったり、作業が増えたりと大変です。
そうならないためにも、契約の際には落ち着いて契約内容を確認するようにしましょう。
契約内容を確認する際には、本記事でご紹介したチェックポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

注文住宅を検討中の方へ!打ち合わせの流れや注意点を紹介します!

注文住宅の打ち合わせにかかる期間とは?詳しくご紹介します!

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る