スタイルに合わせたリフォーム・リノベーション2

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2018/03/22

スタイルに合わせたリフォーム・リノベーション2

こんにちは、アトリエプラスの一級建築士・三嶋です。

前回に引き続き、私たちのリフォームやリノベーションについてお話しします。

 

「アトリエプラス」の設計部分の強みといえば、建築家の存在も大きいと思います。どの家にも全て建築家が関わるので、住みやすい家づくりができるのです。それはリフォームやリノベーションにおいても同じなので、「今より住みやすく、おしゃれな住まい」という理想が叶います。

新築よりもリノベーションこそ、現場監督の「現場力」が大事です。
リノベーションというのは、ゼロから作るのではなく、100%あったものを、壊して作り戻す作業。設計力ももちろん大切なのですが、「目に見えないところを、どれだけ予想できるか」という「現場力」が重要になるのです。

現場監督が、いかに見えないところにあるものに気付けるか。
これは、多分に経験が影響するでしょう。
いくら設計をしっかりとしても、取ってはいけない柱を取ってしまうようなリノベーションでは、安全面において元も子もありません。

また、全てを壊して作り直せば済むことかもしれませんが、その場合はたくさんのお金がかかり、お客さまに通常以上のご負担を強いることになってしまいます。

そこで「目に見えないところを読み解く」ことが、私たちがリフォームやリノベーションをおまかせいただく上での要になっています。

できるかな?と思うことでも、私たちアトリエプラスに気軽にご相談してくださいね。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る