注文住宅の外観の決め方とは?家づくりをお考えの方に向けて解説します!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/06/16

注文住宅の外観の決め方とは?家づくりをお考えの方に向けて解説します!

「おしゃれな外観にしたいけどどのように決めれば良いかわからない」
「外観を決める際の注意点が知りたい」
注文住宅をお考え中で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、注文住宅の外観の決め方と外観を決める際の注意点をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

外観の決め方をご紹介!

外観の決め方は、主に4つあります。

一つの色でまとめる

ガルバリウム外壁のモダンな家

1つ目は、単色に統一することです。
住宅の外観は単色、多くてもツートンカラーでまとめるのがおすすめです。
複数の色を組み合わせると統一感が失われ、場合によっては住宅が狭く見える恐れもあります。
ツートンにする場合は色の組み合わせも重要となるので、完成予想図を作ってもらうと良いでしょう。

外観のテイストを決める

南欧風の家

2つ目は、外観のデザインテイストを決めることです。
南欧風、和風、洋風、モダンなど、外観の大まかなデザインのイメージを絞るのは大切です。
外観によって室内の間取りや生活設備まで変わってくることもあるため、早めにイメージを定めておきましょう。

外観の形を決める

切妻屋根の家

3つ目は、形状を決めることです。
住宅全体のフォルムだけでなく、屋根や窓の形でも外観の印象は大きく左右されます。
特に窓は内装を意識して決めがちですが、外から見たときに違和感がある仕上がりになる場合もあるため注意が必要です。
外から見た窓の種類や位置も考慮しながら、バランスの取れたものを選びましょう。

外壁の素材を決める

ガルバリウムを外壁に使用した家

4つ目は、素材を決めることです。
近年は、窯業サイディングや金属サイディング、モルタルやタイルなどの外壁が人気です。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、よく比較・検討して選びましょう。

外観を決める際の注意点をご紹介!

まずは、疑問点や不満は早めに伝えて解決しておくことです。
外観のデザインを後から修正するのはほぼ不可能ですし、予定外の費用がかかります。
ですので、不満点はその場ではっきりと伝えて修正をしてもらい、不明点は納得できるまで聞くのが良いでしょう。

次に、耐久性とメンテナンス費用も考慮することです。
見た目やコストだけでなく、耐久性やメンテナンスについても必ず考えましょう。
建築費用を抑えるために安価な資材を使用すると、耐久性が低くなり結果的にメンテナンス費用が高くつく場合があります。
ランニングコストのことも考えて、長い目で見た外観デザインを決めましょう。

まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、外観の決め方についてご紹介しました。
また、外観を決める際の注意点についてもご紹介しました。
この記事を参考に素敵な外観の注文住宅を実現させてくださいね。
その他ご質問や相談などありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。
 

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る