メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/11/01

収納を設計する際のポイントって?ロフトのメリットデメリットについても解説!

ロフトからLDKを見下ろした写真

「注文住宅の収納を設計する際のポイントについて知りたい」
「ロフトを取り入れようか迷っている」
このようにお考えの方は多いと思います。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ロフトを収納スペースとして設置するメリットとデメリットについても紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

収納を設計する際のポイントについて

考える男性のイラスト

皆さんは、収納を設計する際にはどのようなことを意識するべきであるとお考えですか。
あまりイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。
収納の設計は、失敗や後悔も多い部分ですので、ポイントを押さえておくことが非常に重要です。
早速ご紹介します。

ウォークイン収納を活用

ウォークインクローゼットの写真

1つ目は、ウォークイン収納を活用することです。
予算オーバーが心配な場合は、引き出し類を減らしましょう。
広々とした造りで、人の出入りも可能なので、非常に便利なものです。

収納場所はまとめる

シックでかっこいい内装のウォークインクローゼット

2つ目は、収納スペースをできるだけまとめることです。
極力、造り付けの収納は家族共有のスペースに設けるようにしましょう。
細かく分けてしまうと、その分仕切りや壁のコストがかかってしまいます。

デッドスペースを活用

スケルトン階段のデッドスペースに観葉植物を置いた写真

3つ目は、デッドスペースを活用することです。
階段下などのちょっとしたスペースも、収納スペースとして利用できないか検討してみましょう。
以上が、収納を設計する際のポイントについてでした。

ロフトを設置するメリットとデメリットについて

ロフトの写真

ここまで、収納の設計のポイントについて解説しました。
どのようなことを意識しながら設計するべきなのか、理解が深まったのではないでしょうか。
そこで続いては、ロフトのメリットとデメリットについて解説します。
ぜひこちらも併せてチェックしてください。

まずはメリットについてです。
1つ目は、収納場所が増えることです。
普段は使わない、季節ものの収納として利用すると便利ですよね。

2つ目は、天井が高くなり開放感が生まれることです。
特にお子様がいらっしゃる場合、ロフトはお子様にとって秘密基地のような楽しい空間になるのではないでしょうか。

続いてはデメリットについてです。
1つ目は、はしごの上り下りを負担に感じてしまうことです。
そのため、掃除の負担も大きくなるでしょう。

2つ目は、天井が高くなる分、空調の効きが悪くなってしまうことです。
以上が、ロフトのメリットとデメリットについてでした。

まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、収納を設計する際のポイントについてご紹介しました。
また、ロフトのメリットとデメリットについてもご紹介しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、収納スペースをうまく作ってくださいね。

関連記事

ロフトを設けるメリットは?注文住宅を検討中の方は必見です!

ウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて解説します

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る