メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/05/10

注文住宅を検討している方へ!近年増加しているテレワークに適した家づくりを紹介!

ワークスペースの写真1

注文住宅を検討している方で

「テレワークに適した家ってどんな家だろう」

「環境づくりってどうすれば良いのだろう」

とお考えの方はいらっしゃいませんか?

今回は、テレワークに適した環境についてご紹介します。

書斎の間取りでよくある失敗と対策についても併せて紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

書斎の間取りである失敗

皆さんは書斎での間取りの失敗についてどのようなことが思い浮かぶでしょうか。

ここでは失敗と対策について紹介します。

①デスクチェアの音が他の部屋に響く

使用するデスクチェアによってはうるさいという例が挙げられます。

その対策としては、防音床材を使用することです。

下の階に音が響くのを防ぐことができます。

②収納スペースが足りない

近年オンラインでのやり取りが増えていますが、まだ紙でのやりとりも多いでしょう。

そこで収納が足りないことが問題として挙げられます。

ワークスペース内の収納を増やしておくことで、スペースが足りなくて散らかってしまうということを防げるでしょう。

③コンセントの数と場所

コンセントが足りなくて延長コードをたくさん使ってしまうというような話をよく聞きます。

その対策として、もともとコンセントの数を多くしておくことやコンセントの場所に気をつけておくことをおすすめします。

テレワークがしやすい環境づくりとは?

上記では書斎でよくある失敗例と対策について紹介しました。

ではどのようにすればテレワークがしやすくなるのでしょうか。

ここでは、2つ紹介します。

1つ目は、リビングに半開放の作業スペースを設けることです。

ワークスペースの写真2

書斎などで一人きりになれる場所を与えられると静かすぎて集中できないといったことを耳にしますね。

その声をもとに、半開放的な作業スペースを設けることをおすすめします。

2つ目は、小上がりの和室とスキップフロアを設けることもおすすめです。

小上がりの和室の写真

新築一戸建ての場合は、床の高低差を利用して作業スペースが作られることがあります。

小上がりの和室は床面よりも一段高い場所に設けられた畳のスペースのことです。

まとめ

今回は、テレワークに適した家づくりについて紹介しました。

失敗としては、デスクチェアのうるささ、収納の少なさ、コンセントの数などがあげられます。

注文住宅の購入を検討する際にこの記事を参考にしていただけると幸いです。

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る