注文住宅をお考えの方へ!断熱について説明します!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/03/12

注文住宅をお考えの方へ!断熱について説明します!

「断熱性に優れた家に住みたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

注文住宅であれば、家の断熱性能に関しても自分で選択できます。

では、優れた断熱性能を持った家とはどのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、家の断熱について紹介します。

高断熱の家とは?

高断熱の家とは、その名の通り断熱性を高めた家のことです。

例えば、冬は外の寒い空気が家の中に伝わり、家の中まで冷えてしまいますよね。

しかし、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用したりすることで、冷たい外気が室内の温度に与える影響を抑えられます。

つまり、断熱性が高い家は、外の寒さや暑さを室内に伝えないため、いつでも快適な温度で生活ができるというわけです。

高断熱のメリットとは?

では、もう少し詳しく高断熱のメリットについて見ていきましょう。

先ほども少しお話ししましたが、高断熱の家は夏でも冬でも快適に過ごせます。

なぜなら、外気の影響を受けにくいことによって、冷暖房の効率が良くなるからです。

ということは、光熱費も浮かせられることにお気付きでしょうか。

冷暖房効率が高いことは、つまり冷暖房のエネルギーロスが最小限であるということです。

ロスが最小限であることによって、少しの冷暖房でも部屋を快適な温度にしてくれるため、電気代を削減できます。

また、ヒートショックの危険性を下げられます。

高断熱の住宅では、部屋ごとの温度差があまりありません。

「リビングは暖かいけど、お風呂は寒い」という状態になりにくいのです。

そのため、急激な温度差によって引き起こされるヒートショックのリスクが低減されます。

さらに、防音や遮音効果も高いのをご存知でしたか。

断熱材は、音まで吸収してくれます。

そのため、外の音も気になりにくく、中からの音も漏れにくくなります。

小さなお子さんがいて、子供の遊び声や泣き声を気にしてしまう方や、楽器を演奏される方、音楽や映画を大音量で楽しみたい方には大変魅力的なのではないでしょうか。

断熱と防音を同時に対策できるのはとても嬉しいですよね。

ぜひこの機会に取り入れてみてください。

まとめ

今回の記事では、家の断熱について紹介しました。

断熱性に優れた壁は、普通の壁に比べると少し高額になってしまいます。

しかし、今後何十年も住み続けることを考えると、光熱費を抑えられるのはとても大きなメリットでしょうから、ぜひ検討してみてください。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る