メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/12/02

注文住宅の間取りの考え方とは?事前にやっておくべきことについても解説!

モルタルの腰壁がおしゃれなダイニングの写真

注文住宅をご検討中の方で、間取りについてお悩みの方は多数いらっしゃるでしょう。
今回は、間取りの考え方がよくわからない方や、どうしたら良いのかわからない方向けに、事前にやっておくべきことや間取りの考え方についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

事前にやるべきことは?

せっかくの注文住宅ですから、「リビングは広めにしたい」「和室も欲しいな」「吹き抜けにも憧れる」など、多くの希望があるかと思います。
効率的に家事ができるように動線がスムーズな間取りにしたいとお考えの方もいるかもしれません。

希望の間取りを実現するために、全ての方に共通して事前にやってほしいこと、確認してほしいことは、「予算」と「スケジュール」の確認です。
具体的には、いくらまでなら安全に住宅ローンを支払い終わるのかを検討し、いつまでの入居を希望するかを明確にすることです。

これが決まっていないと、身の丈に合った生活とはならず、ウキウキ気分で決めた注文住宅で後悔してしまう可能性があります。
予算が具体的になれば、必要に応じて代用できる資材を探したり、代案を提案したりするなど、業者側が対応できることも増えます。
スケジュールについても共通意識を持つことで、より効果的な打ち合わせが実現でき、工事にも反映させやすいです。

この2つは、注文住宅を考えるうえで必ず確認しておくと良いでしょう。

間取りを決める際のポイントを解説!

間取りを決める際のポイントを3つご紹介します。

家族のイラスト

1つ目は、家族の希望や優先順位、生活動線を考えることです。
せっかくの新居なので家族の意見を反映させて全員が納得できる間取りにしたいですよね。合わせて、生活動線をシミュレーションして検討することも重要です。

目的地までの経路を確認する人のイラスト

2つ目は、土地の形状や方角・周辺の環境を確認することです。
人通りの多い道路に面している場合には室内が見えにくいような間取りにする、日当たりの良い場所にはバルコニーを設置するなど、方角や周辺環境に配慮すると良いでしょう。

一戸建てのイラスト

3つ目は、土地全体と住居のゾーニングです。
ゾーニングとは、間取りを用途や機能ごとに分類して決めることです。
土地全体で、どの部分を庭や駐車場などの外部に充てるかゾーニングし、また、住居部分は人の動きを考慮して各部屋の位置などをゾーニングしましょう。

まとめ

今回は、注文住宅の間取りの考え方や事前に考えておくべきことについてご紹介しました。家づくりの参考になれば嬉しいです。
注文住宅をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

注文住宅の内装を決める際のポイントは?事例についても解説!

注文住宅にはメリットがたくさん!スケジュールや予算についても学ぼう!

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る