注文住宅で後悔したくない方へ!キッチン・お風呂・玄関の失敗例や後悔を防ぐポイントを解説!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/10/12

注文住宅で後悔したくない方へ!キッチン・お風呂・玄関の失敗例や後悔を防ぐポイントを解説!

和と洋が調和する自然素材たっぷりのLDKの写真

「注文住宅で後悔したくない」
「失敗例や後悔を防ぐポイントについて知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。

注文住宅を建てるうえで一番怖いのが、失敗や後悔ですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
お風呂やキッチン、玄関の失敗例とポイントをご紹介します。

失敗例について

皆さんは、注文住宅を建てるうえで失敗しないためにどのような工夫をしていますか。
実際にあった失敗例を知っておくことで、同じ失敗を避けられます。
今回は、特に失敗しがちなお風呂とキッチン、そして玄関の失敗例についてみてみましょう。

お風呂

タオルで顔をふく女性のイラスト

まずはお風呂です。

1つ目は、玄関とお風呂場の距離を近づければよかったという後悔です。
これらの距離が近いと、外から帰ってきたときに楽ですよね。
特にお子様が泥遊びで汚れてしまっている場合には、廊下が汚れてしまいです。

2つ目は、テレビをつけたが不要だったという後悔です。
ついついオプションをつけてしまいがちですが、本当に必要なものなのか、改めて考えましょう。

3つ目は、壁をタイルにしたら手入れが大変だったという後悔です。
タイルにすると目地の部分からカビが生えてしまいがちです。
掃除するときのことも意識しながら壁の素材を選びましょう。

キッチン

料理をする女性のイラスト

続いてはキッチンです。

1つ目は、スペースが足りないという後悔です。
置く可能性のある家具を書き出し、どこに置くのかイメージを固めておきましょう。

2つ目は、キッチンの高さが身長と合っていないという後悔です。

キッチンの高さは80cm・85cm・90cm・95cmと、5cm刻みで用意されています。

選び方としては 身長÷2+5cm がちょうどいいキッチンの高さという公式がよく言われますが、

こちらはあくまで目安のため、ショールームに行き実際にキッチンの前に立ってみることをおすすめします。

3つ目は、収納の奥行きが深すぎたという後悔です。
深すぎるとものを取り出しづらくなってしまうため、取り出しやすい深さにすることを意識しましょう。

玄関

猫がドアの隙間から顔を覗かせているイラスト

最後に玄関です。

1つ目は、収納が少ないという後悔です。
玄関は、靴以外にも何かと物が溜まりがちな場所です。
余裕をもって収納を確保しましょう。

2つ目は、下駄箱に鏡をつければよかったという後悔です。
下駄箱を大きくすると圧迫感が強くなりがちです。
鏡をつけることで、広い空間に見せられるでしょう。

3つ目は、玄関の照明スイッチが遠いという後悔です。
玄関に入ってすぐのところにスイッチがあったほうが、帰宅時に便利ですよね。
以上が、失敗例についてでした。

後悔しないために必要なことについて

ここまで、実際の失敗例についてご紹介しました。
失敗のイメージが明確になったのではないでしょうか。
そこで続いては、注文住宅を建てる際の注意点についてご紹介します。
注意点を把握することで、後悔を避けられるでしょう。

1つ目は、間取りについてです。
どのように配置すればスムーズな移動ができるのか、生活動線を考えてプランニングしましょう。

2つ目は、お金についてです。
資金計画を立てる際に一番重要なことは、確実に返済できるかどうかです。
楽観的な考えでお金のことを決めてしまうのは危険なので気をつけましょう。

3つ目は、土地選びについてです。
面積、地形、地盤、環境、利便性、将来性の条件をクリアしているのか、しっかり確認しましょう。
以上が、注文住宅を建てる際の注意点についてでした。

まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、お風呂とキッチン、そして玄関の失敗例についてご紹介しました。
理解が深まったのではないでしょうか、
また、後悔しないためのポイントとして、注文住宅を建てる際の注意点についてもご紹介しました。
今回の情報を活用し、後悔のない家づくりを行ってくださいね。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る