地震に強い家とは?注文住宅をお考えの方必見です!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/10/08

地震に強い家とは?注文住宅をお考えの方必見です!

注文住宅のロフトの写真

「地震による家の被害にはどのようなものがあるか」
「地震に強い家を建てたい」
注文住宅をお考えで、このようにお悩みの方は多いと思います。この国に住んでいる限り、地震は避けられませんよね。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。ぜひ参考にしてみてください。

地震ではどのような被害が想定されるのか

災害時に避難する人のイラスト

皆さんは、地震によってどのような被害が想定されるかご存じでしょうか。
実際に大きな地震を体験したことがあるという方は、イメージがつきやすいかもしれません。
改めて確認してみましょう。

地震で揺れる建物のイラスト

1つ目は、1階部分が押しつぶされてしまうことです。
新築であっても、全壊する可能性がないとは言い切れません。

傾いた建物のイラスト

2つ目は、建物が傾いてしまうことです。
基礎が傾いてしまうと、もちろんそのままでは住めませんよね。

傾いて外壁にヒビが入った建物の画像

3つ目は、外壁にヒビが入ったりはがれたりすることです。
外壁のみの損傷であれば強度の低下には直結しませんが、外壁と一緒に基礎や屋根にも損傷が発生している場合が多いため注意しましょう。
複数箇所で損傷が起こると、修理費用の負担も大きくなってしまいます。

以上の被害が想定されます。
これらの被害を避けるためにも、耐震性を高めることが非常に重要なのです。

どのような家が地震に強いのか

先程、地震による被害を抑えるには耐震性を高めることが重要であると解説しました。
では実際にどのような家であれば地震に強いのでしょうか。
地震に強い住宅の構造について解説するので、住宅の構造を決定する際の参考にしてみてください。

地震に強い住宅の構造には、3つの要素があります。

1つ目は、耐震構造です。
これは、揺れに耐えるということです。

2つ目は、制振構造です。
これは、揺れを吸収するということです。

3つ目は、免震構造です。
これは、揺れを伝えないということです。

これらの条件を取り入れた構造にすることで、地震に強い家をつくれます。
以上が、地震に強い家の特徴についてでした。

まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、地震の被害についてご紹介しました。
また、地震に強い家とはどのようなものなのかについても解説しました。
地震の被害を最小限に抑えるために大切なことについて知れたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、地震に強い家を建ててくださいね。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る