注文住宅を建てる際の流れとは?工務店スタッフがお教えします!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/04/16

注文住宅を建てる際の流れとは?工務店スタッフがお教えします!

注文住宅を建てたいけれど

家づくりの流れがよくわからない…


 

という方はいらっしゃいませんか?

注文住宅を建てる際には

決めるべきことや気を付けるポイントが

家づくりの段階によって変わるので

これを把握しておく必要があります。

そこで今回は、注文住宅を建てる際の

大まかな流れについて解説します!


 

注文住宅を建てる際の流れとは

注文住宅を建てる際には、主に5つの段階を踏む必要があります。

1つ目は、情報収集です。

注文住宅を建てるためには、それに関する基礎情報を把握しておく必要があります。

デザインや間取り、費用などに関する情報が必要になります。

見学会に行ったり、クチコミやSNSを確認したりして情報を集めると良いでしょう。


 

2つ目は、資金計画です。

住宅の方向性がある程度固まれば、次は資金計画に移ります。

おおよその予算が決まれば、業者や土地も自ずと決まりますね。

また、この段階で家の中でこだわりたいポイントの優先順位も決めておくと良いでしょう。


 

3つ目は、設計プランの決定です。

予算が決まれば、住宅の設計プランを決めます。

プランを練る際には、住宅メーカーとしっかりと話し合うことをおすすめします。

また、先ほど決めたこだわるポイントの優先順位も伝えておくとスムーズにことを運べるでしょう。


 

4つ目は、着工です。

計画が固まり、住宅メーカーと契約を締結すれば着工へと移ります。

地鎮祭を行い着工すれば、約1ヶ月で棟上げ工事が完了し、内装や各種設備の工事が始まります。

この際には、工事をすべて住宅メーカーに任せるのではなく、自身の目で工事の過程を確認することをおすすめします。


 

この段階まで進むと大きな変更が難しくなるため、変更したい箇所がある場合はこの段階までに相談してください。

また、住宅ローンは審査に時間を要するため、着工前までに申し込んでおくようにしましょう。


 

5つ目は、引き渡しです。

工事が終了し、住宅が完成すれば、完了検査や立会いをした後に登記手続きを経て引き渡しが完了します。

引き渡しが完了するのと並行して、引っ越しの準備を進めておくと良いでしょう。


 

注文住宅を建てる際に自身でコントロールが効かない期間とは

住宅を建てる際には、自身でコントロールが効かない期間が存在することはご存じでしょうか。

具体的には、住宅ローンの審査期間住宅の工事期間の2つです。

住宅ローンの審査は結果が出るまで待つ必要があり、工事期間は施工業者へ任せるしかありません。


 

しかし、この期間も工夫することで短縮できます。

事前に銀行やローン会社に審査を依頼したり

十分な情報収集を行い、日程管理をしっかりとしておくと期間を短縮できます。

このように自身でコントロールができない期間を短くすることで、住宅をスムーズに建てられるでしょう。


 

まとめ

今回は、注文住宅を建てる流れについて解説しました。

注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

また、当社は注文住宅に関するご相談を承っております。

購入を検討中の方は、お気軽にご相談くださいね!


 

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る