注文住宅の施工の際に起こりやすいトラブルとその対策についてご紹介!

メニューを開く

メガメニュー を開く

スタッフブログ

2021/09/12

注文住宅の施工の際に起こりやすいトラブルとその対策についてご紹介!

南欧風のキッチンの写真

「注文住宅の施工の際に起こりやすいトラブルについて知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、注文住宅の施工で起こりやすい3つのトラブルとトラブル防止のためにすべきことについてご紹介します。

注文住宅の施工で起こりやすい3つのトラブルについて

起こりやすいトラブルは、大きく3つあります。

1 工期の遅延

パワーショベルのイラスト

1つ目は、工期の遅延です。

これは、工事が予定どおりに進まず、契約時に定めた期間内に工事が終わらないケースです。
工期の遅延の要因として、施工ミス、施工途中の設計変更指示、災害、悪天候が挙げられます。
上記のような問題が発生した場合、責任の所在をめぐり大きなトラブルに発展することがあります。

2 イメージと違う

疑問を抱く女性のイラスト

2つ目は、工事内容とイメージの相違です。

イメージのすり合わせが不十分な場合もトラブルに発展しやすいです。
注文住宅を建てる場合、図面だけでは全体のイメージを共有することが難しいことがあります。
特に、窓の位置、天井の高さ、生活動線は、互いにイメージしにくいことが考えられます。
工事のやり直しが発生すれば多額のコストが必要になるばかりか、工期遅延の原因になります。

3 伝達ミス

大量の情報を浴びる男性のイラスト

3つ目は、伝達ミスによるトラブルです。

伝達ミスは、もっともトラブルが起こりやすい原因と言えます。
このようなトラブルを避けるためには、打ち合わせの内容を毎回録音しておくことが大切です。
こうすることで、意見の食い違いや伝達ミスを防ぐことにつながるでしょう。

トラブル防止のためにすべきことについて

注文住宅にはさまざまなトラブルが起こることが考えられます。
このようなトラブルを避けるためには、近隣住民の方や施工会社ときちんとコミュニケーションを取ることが大切です。
コミュニケーションを通じて信頼関係を築くことで、多くのトラブルを回避できるでしょう。

施工会社については、建築設計事務所、工務店、ハウスメーカーなど信頼できる会社選びも大切です。
しかし、何より施工に関わる当人同士がしっかりと意思疎通ができていることが重要です。
打ち合わせ段階から施工会社としっかりコミュニケーションを取って、お互いの理解を深め、トラブル回避に努めましょう。

まとめ

今回は、注文住宅の施工で起こりやすい3つのトラブルとトラブル防止のためにすべきことについてご紹介しました。
本記事が、注文住宅に関する多くのトラブルを回避するための参考になれば幸いです。
注文住宅を建てることを検討されている方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

「ホームページを見たのですが…」
とお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る