メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/09/03

ロフトを設けるメリットは?注文住宅を検討中の方は必見です!

ロフトスペースの写真

「ロフトを注文住宅に設置したい」
「設置に際して知っておくべきことはあるのか」
このようにお悩みの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、ロフトに関して知っておくべき規定とロフトのメリットについてご紹介します。

ロフトに関して知っておくべき規制について

ロフトは、建築基準法では「小屋裏物置等」といい、
小屋裏とは、屋根と天井の間の空間のことです。
そのスペースを収納スペースとして使用する場合、小屋裏物置等に分類されます。

この規定を把握する際に知っておきたいポイントは、大きく3つあります。

・ロフトの床面積が、ロフトがある階の床面積の2分の1未満であること。

・ロフトの天井高の最も高い部分が1.4メートル以下であること。

・ロフトの床面積がロフトがある階の床面積の8分の1を超える場合、各階の壁量を増やさなくてはならないこと。

上記の3つは、ロフトを設置する上で覚えておきたい規定です。
必ず押さえておくことをおすすめします。

ロフトのメリットについて

ロフトを設置するメリットは、大きく2つあります。
その2つのメリットについて詳しくご紹介します。

収納スペースになる

洋服ダンスのイラスト

1つ目のメリットは、収納スペースとして利用できることです。

ロフトを設置する上での最大のメリットは、ロフトに荷物が置けることです。
あまり大きな荷物や重たい荷物を置くことはロフトの構造上難しいですが、それでもロフトをつくることで家の収納スペースを大幅に増やせます。
収納スペースはありすぎて困ることはありません。

来客用の布団などを置くスペースとして利用されている方も多いです。
中には急な来客による荷物隠しのスペースとして利用されている方もいらっしゃいます。
スノーボードやサーフボードなどの比較的大きな荷物をロフトに設置することで部屋をおしゃれに見せることに成功している方もいらっしゃいます。

居住空間になる

ベッドのイラスト

2つ目のメリットは、居住空間として利用できることです。

ロフトは自分だけの隠れ家のようなスペースとして利用できます。
趣味部屋といったプライベートな空間として利用したり、寝室や書斎として利用したりしてみてはいかがですか。
ロフトにこもることで集中力が増すため、集中する時の専用スペースとして活用している方もいらっしゃいます。

まとめ

今回は、ロフトに関して知っておくべき規定とロフトのメリットについてご紹介しました。
ロフトには多くのメリットがあるため、設置を検討してみてはいかがでしょうか。
ロフトの設置や注文住宅に関してお困りの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る