メニューを開く

メガメニュー を閉じる

スタッフブログ

2021/12/08

子育てしやすい家とは?注文住宅を建てる際のポイントを解説!

間仕切り可能な子供部屋の写真

子どものいるご家庭が注文住宅で家を建てる場合、子どもの成長と子育ては大きなキーポイントとなってきますよね。
そこで今回は、子育てしやすい家について解説していきます。
また、注文住宅を建てる際の注意点もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子育てしやすい家とは?

子育てしやすい家づくりを行うためには、工夫できるポイントがいくつかあります。
ここでは、実際に取り入れやすい子育てに適した間取りを3つご紹介します。

広めの収納

たっぷりの収納がある廊下の写真

1つ目は、広めの収納スペースを確保した間取りです。
子どもが作った工作物、服やおもちゃなどはいつまでも大切に保存しておきたいですよね。
そんな方におすすめなのが、使用頻度に合わせた収納スペース作りです。
日常的に使うものは、取り出しやすい収納場所に片付けておきましょう。
逆に使用頻度の少ない思い出の品などは、屋根裏部屋などに保存するのがおすすめです。

目の届くリビング

広々としたLDK

2つ目は、子どもを見守りやすいリビングです。
子どもが小さい間は、子どもを見守ると同時に掃除や洗濯などの家事をこなさなくてはいけません。
こういった場合に広々としたリビングであれば、子どもを見守りつつ家事ができます。
また広いキッチンでは、子どもが成長すれば一緒に料理をできるかもしれません。

広めの子供部屋

間仕切り可能な子供部屋の写真

3つ目は、広めの子供部屋です。
子どもが小さい間は、遊び部屋として使用します。
成長した際には、壁や仕切りなどで個室を与えられます。
将来的に子どもの個室となる部屋を考える際には、コンセントや窓の位置などにも配慮しておきましょう。

なぜ断熱性を高める必要があるのか?

子どものいるご家庭は子育てしやすい間取りを考えると同時に、断熱性の高い家にすることをおすすめします。
近年、高齢者や子どもの家の中での熱中症やヒートショックが、ニュースで多々取り上げられています。

寒さを感じる男性のイラスト

これらの原因となるのが、家の中の寒暖差です。
例えば、冬に温められた部屋とそうでない部屋を行き来すると、寒さと暖かさの影響で血圧が何度も変動します。
血圧の変動は体に大きな負担をかけるため、上記のような症状に陥る方がいらっしゃいます。
断熱性の高い家を作ることでエアコンなどの使用が減少するため、各部屋の温度にも差が出にくくなります。
温度差の影響を受けやすい子どもの安全のためにも、断熱性に特化した家を作ることをおすすめします。

まとめ

注文住宅で新築を建てるならば、子どもの成長を間近で見守れる家が良いですよね。
私たち株式会社アトリエプラスでは、お客様の子育てに合わせた間取りを提案いたします。
子どものいるご家庭で子ども部屋などの間取りやデザインにお困りの方は、ぜひお問い合わせください。

関連記事

注文住宅の内装を決める際のポイントは?事例についても解説!

吹き抜けをつくる際のポイントは?デメリットの対策も解説!

Welcome to atelier +

お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!

tel.0120-85-2377

理想の暮らしを叶える家づくりをお考えなら…

女性スタッフ 写真 アイコン 女性スタッフ 写真 アイコン

ページの先頭へ戻る