岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店「アトリエプラス」の木造住宅用制震装置「evoltz」のよくある質問集(evoltz編)

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラス アトリエプラス 住宅事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ
エボルツevoltzトップへ
evoltzとは?
Q1
初代制振ダンパーと変わった点はどこですか?
A1

ビルシュタイン① 製造担当が世界最高峰の技術を誇る「ビルシュタイン社」になりました。

ビルシュタイン社が住宅用制振装置に関わったのは このevoltzが初めてになります。

 

 

② より向上した制振性能を実現。

旧製品は3mの柱の柱頭(てっぺん)が6mm程度揺れた時点で効き始めたのですが、新製品は3mの柱の柱頭が3~4mmの揺れから大きく効くので、より小さな揺れから構造部材(柱・梁・壁・筋かいなど)を守るようになりました。剛性でいうと30%UPしました。

 

③ 減衰力(揺れを止めようとする力)は約10%ほど、減衰定数(衝撃を吸収する度合い)も約80%ほど大きくなりました。

 

④ バイリニア特性を有した木造住宅用制振装置の技術で特許を取得しました。

Q2
バイリニア特性とは
A2

「制振装置」は、地震の揺れを受けとめて吸収することで建物自体の揺れを弱めます。

地震の力によって家が変形しようとする際に、制振装置が「減衰力」(抵抗する力)を発生して運動エネルギーを熱に変換し、振幅・加速度(衝撃)を小さくし、振動のおさまりを早めるしくみになっています。

 

「バイリニア特性」とは、地震の揺れの大きさとは比例せず、小さな揺れの領域では大きな減衰力を発揮し、大きな揺れの領域ではその大きな減衰力を維持した状態となります。

 

したがって、「バイリニア特性」は揺れの大小に関わらす適切な減衰力を発揮し、しかも建物の破損を防ぐことができます。つまり、長周期型地震や大地震後の余震の際にも有効な力を発揮できるのです。

 

>バイリニア特性を詳しく見る

 

バイリニア特性

Q3
他の制振ダンパーの特性は?
A3

「制振装置」は、地震の揺れを受けとめて吸収することで建物自体の揺れを弱めます。

その他の制振装置(制震ダンパー)の減衰力の特性は、揺れの大きさに比例して減衰力が増加する「リニア特性」や、揺れが大きくなると減衰力が尻上がりに増加する「プログレッシブ特性」などが挙げられますが、どちらの特性も揺れが小さい場合はほとんど減衰力を発生しないのがデメリットです。 また、大きな揺れとともに建物の構造体が破損しはじめることや、過剰な力を発生して躯体にダメージを与えかねない点も課題が残ります。

 

「バイリニア特性」は、すでにビルや大型建造物の設計分野において注目を浴びており、小さな揺れから減衰力を発揮するようになっていました。 一方、木造の一般住宅においてはコスト面や取付部のスペースなどの制約により「バイリニア特性」を出すことが非常に困難になっていたというのが現状です。 しかし、この度、開発元である千博産業では、ショックアブソーバーにおける世界のトップメーカー・ビルシュタイン社とのコラボレーションにより、秀逸な「バイリニア特性」を発揮するevoltz(エヴォルツ)を完成させました。

Q4
ビルシュタインってどんな会社ですか?
A4

世界の多くの自動車メーカーがトップモデルのダンパーとして選ぶショックアブソーバーメーカー。 メルセデス・ベンツ、フェラーリなどを筆頭に、日本国内においてもその高性能を手にする自動車メーカーは後を絶ちません。 トヨタ・スープラ、MR2、日産・フェアレディZ、スカイライン、スバル・レガシィ、マツダ・RX-7、ロードスター、三菱・ランサーエヴォリューション など、それら全ての車が各自動車メーカーを代表するフラッグシップカーであり、またスポーツカーであることからも、ビルシュタインがいかにスポーツ性に優れ、また同時に信頼と耐久性に、そして乗り心地においても卓越したプロダクトであることが理解いただけるでしょう。

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス 住宅事業部
〒444-2123 愛知県岡崎市鴨田南町2番地15 1F
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店 atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに