岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラス アトリエプラス 住宅事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

看板のデザイン制作

こんにちは、広報の西崎です。

現在新事務所を建築中の当社ですが、外部の看板のデザインを制作しました!

外部看板なので光るようにする予定ですが、実際どんな感じに光るかが問題です。

ロゴの線幅を決め流必要があり、今日はその線幅を検証していました。

スチレンボードに実寸のデザインを貼り付け、カッターでくり抜き、どう光るかを見てみました。

制作中デザイン

 

 

 

 

 

 

 

事務所を暗くして、みてみたところ細い方がいい感じでした。

事務所看板は細いものに決定しました。
ぜひ新事務所ができた際には、看板も見ていってくださいね。

上棟式をしてきました!

こんにちは、営業の西崎です。

昨日、私の担当しているお客様が上棟を迎えたので、上棟式を行いました。

柱がたつと、部屋の大きさがよくわかり、お客様もついに自分のお家がたつんだなと実感されたようです。
打合せの間も楽しいですが、実際に工事がはじまって立ち始めると、また感慨深いものですよね。

ところで、上棟ってなんのことか知っていますか?

私は建築業界に入る前は言葉も聞いたこともありませんでした。

上棟というのは、上棟(じょうとう)と読みますが、これを分解すると

上げる・棟(むね)となります。

棟というのは、屋根の一番高い位置にある梁のことを棟と呼びます。

その棟を上げることを上棟というのです。
これで家の工事では1つ区切りを迎えることとなります。

そこで、上棟を記念して工事の安全と、お客様の繁栄(私はこれから住まわれるお客様を守ってくださるようにお願いするものだと勝手に解釈しています。)を神様にお願いするというのが、上棟式です。

 

協力業者さんとの親睦会(忘年会)

こんにちは!永井です♪

先日、年の瀬恒例の協力業者さんとの親睦会を開催しました!

親睦会という名の忘年会…。

私が主になって準備をするので、

ここ数日バタバタしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

社長よりご挨拶を。

私はお店の方とお話をしていたため、

冒頭が聞けず…。

各課の代表からの挨拶が終わって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「乾杯!!」

 

いい笑顔をいただきました♪

入社して1年半程で

たくさんいらっしゃる協力業者さんの顔が

かなり分かるようになり、楽しい会になりました。

本年も大変お世話になりました。

我が社にご協力いただき、感謝です。

来年もどうぞ宜しくお願いします!

 

新社屋

設計の庭瀬です。

ウッドアートグループの新社屋がもうすぐ完成します。

私が設計を担当させて頂いたのですが、色々と拘って詳細の納まりを検討しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、『ある部分』を設計段階で、1/2スケールの詳細図面を書いて検討したのですが、

現場が始まって実際に大工さんが原寸図描いて確認してくれた物に私が追記し再検討したものです。

 

来週末にプレオープン、年明けにグランドオープンがあります。

是非、足を運んで頂き、

どこの詳細図面なのか探してみるのも面白いかもしれません。

解体工事はじまりました。

設計の庭瀬です。

岡崎市H様邸の解体工事が今週本格始動しました。

本日は内装の解体作業でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成14年以降リサイクル法により、分別解体となりましたので、

内装材を手作業で、

木くず・瓦礫類・金属類・ガラス・廃プラ・石膏ボード・タイル・・・と

数種類に分別し解体を進めていきます。

 

分別解体の前は主にミンチ解体と言い、

全て重機を使って解体し、分別せずに埋め立て処分をしていたと・・・

今だと考えられませんが実際には15年前くらいにはそれが当たり前だった様です。

 

建替え後はインナーガレージ付きの大きな三世帯住宅が建ちます。

今から楽しみです。

進捗はまた報告します。

 

木を使ったインテリア

こんにちは、営業の西崎です。

前回は構造材を見せることで、木のお家を演出する方法でしたが、インテリアとして木を使うことも多いです。

壁や天井に木をはるのもいいですね。
床にフローリングをはるのと同じようなものです。

例えば天井にはるとこんな感じになります。
梁を出すよりも、全面にくるので存在感が大きいですね。

個人的な感覚では、面を強調するのでスマートな感じがします。
板の木目方向にそって空間が長く感じられるという効果もあります。

 

 

 

お部屋の壁一面をアクセントクロスにするというのは、みなさんもご存知かと思います。

そこに木をはるというのもありかもしれませんね。

お部屋の雰囲気をかなり変えることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

室内梁でリラックス空間を演出

こんにちは、営業の西崎です。

木を見せるつくりの家というのは多いと思いますが、ぱっとイメージできるのは吹き抜けがあって梁がむき出しになっている家がありますよね。

でも実は梁を見せるだけでもいろいろ種類があるんです。

たとえば下の画像のように構造である梁を見せるタイプ

室内梁

 

 

 

 

 

ほかには天井にそった梁を見せるタイプ

 

 

 

 

 

 

 

こちらは屋根の傾斜にあわせて斜めに登っていく梁が特徴的ですね。
吹き抜けをつくらなくても梁をみせることはできます。
木を感じることができる家はリラックスできる雰囲気になります。ぜひチャレンジしてみてください。

岡崎市O様邸 カフェ好きなご夫婦のお家①

こんにちは!

12月で入社して1年が経ちました。

この1年、本当にあっという間でした、コーディネーターの加藤です。

 

そんな私の担当させていただいた新築の1棟目。

先日完成してお引き渡しをしました。

カフェ好きなご夫婦らしいナチュラルかわいいお家。

何回かに分けてご紹介しますね!

 

このお宅、何より立地がすごいのです。

じゃーん!

目の前は水が綺麗な川!後ろには緑がいっぱい!

自然あふれるお土地です。

 

切妻屋根のかわいいお家

屋根は茶色のフラット瓦

窓は上げ下げ窓を使用してかわいい雰囲気に。

外壁はメインが漆喰

アクセントに木貼りをしています。

木はウエスタンレッドシダーという材種で

外壁にも使える強い木を使用しています。

この珍しい貼り方は「ボード&バテン」といいます。

北欧のお家にありそうな見た目ですね。

 

撮影した日がちょうど紅葉の真っ最中の時期でした!

自宅にいて紅葉狩りが出来るこの立地。素敵。

外構では床に割栗石を使用しました。

お家の雰囲気にとてもあっています!

フェンスも本物の木で作成しています。

 

玄関扉は造作しました。

ピーラーという材種で、明るめの色です。

ポスト、照明はブラックで統一!

写真にはいないですが、表札はアイアンの切文字が付く予定です。

 

外観だけでもこんなにこだわりがたくさん!

でも中の方が細部までもっとこだわっています!

順番にご紹介していくのでお楽しみに。

 

玄関にあるこの赤い実が特徴の木は

南天の木。

「難を転じて福となす」といわれる縁起木です。

お家のシンボルツリーにも人気がある木です。

紅葉に映える南欧風のかわいらしいお家 お引き渡しでした。【岡崎市O様邸】

紅葉が美しい庭

こんにちは。

愛知県岡崎市・豊田市・安城市をはじめとする西三河で

建築家と建てるオシャレな家づくり アトリエプラス(atelier+)の比嘉です。

 

先日来連日投稿してきました、山あいの絵になるお家がとうとう御引渡しとなりました。

完成立会からわずか1週間で、黄色かった紅葉の葉もすっかり赤く色づき、

素晴らしい景色の中でのお引き渡しでした。

 

紅葉に映える南欧風の家

純白の壁と、紅葉、そして、南天の葉の緑のコントラストが映える、

本当に絵になるお家です。

なんとなく観葉植物

お引き渡し後の雑談中に、目に留まった緑を、なんとなくパシャリ。

ロフト階段とランプ

このロフト階段にもご主人のこだわりが詰まっています。

手摺がなくて「怖い」けど、あえてのこだわり!

おかげでスッキリとして、オシャレなスペースになりました。

階段もインテリアなんですよね。

花柄のランプ

花柄のかわいらしいランプ。

これが奥様の絶対に譲れないポイントでした。

 

全体的に、シンプルでかわいらしくまとめられたお家。

優しいご夫婦とのお打ち合わせを、

いつも建築家・インテリアコーディネーターは

とても楽しんでいた様子で、

お引き渡しが終り、お会いできる機会が減ってしまうことが

寂しくもありますが、

これからが本当のお付き合いのはじまりです。

O様、ぜひいつでも遊びにきてくださいね!!

そして、OB会にもぜひぜひ毎年参加して欲しいです。

これからもよろしくお願いします!

サンタさん

12月の名古屋はすっかりクリスマス。
イルミネーションや、大きなクリスマスツリーが、その雰囲気を一層盛り上げています。

子供時代は、なんとなくお祭り気分で、子供会主催や、友達同士でのクリスマス会を楽しみにしていました。

娘時代は、友達とクリスマスプレゼントを買いに行ったりしていました。

親になると、子供たちにどんなスタンスでサンタクロースの存在を印象付けるか。に夢中でした。
サンタさんにお願いするプレゼントの事前リサーチから、当日の演出。
子供たちのびっくり、喜ぶ顔見たさに色々と手を打っていました。
どうせ、現実を目の当たりにするまでの数年。親子でクリスマスぐらいは夢を見たいという気持ちだけでした。

初めの頃こそ、「サンタさんってなんで欲しい物わかっちゃうのかなぁ。」
「サンタさんデパートってどこにあるのかね。」などと言いながら、いとこ達に電話をして、「サンタさん来た?」と聞いているのを微笑ましく見ていたものでした。
かわいかった。

うちの長男は本当に残念なマイペースで、とりわけ彼の反応はこちらの想像を軽く超える盛り上がりで、プレゼントを抱きしめては、空に向かい「サンタさんありがとう」と叫んでいました。

常にいい子にしてればプレゼント来るかもねっ。と言っていたので、彼のサンタへの手紙は「いい子にしてますから。」という文句が入っていました。

それでも、小学校も高学年になって来ると、そろそろ学校の友達との会話からネタバレして、堂々と欲しい物を聞いて行い次第で買ってあげる。という流れになるのかと思っていたのですが、小学校6年の時のウォークマンのプレゼントに「すげぇ。サンタさん欲しい色までわかっちゃってる。」と言った時には少し嫌な予感もありました。

妹からは、そろそろネタバレしてあげないと、学校でからかわれるよ。と心配されて、どうしたものかと思っていたのですが、中学生になった年。枕の下にあったサンタさんへの手紙を発見した時はさすがに迷いも消えました。こればまずい。

いい子にしてますから、PSPが欲しいです。

いい子にしてても、勉強できないからゲームはくれないんだよね。

サンタさんは実在しない。かも知れないけれど、見てくれている存在はきっとある。
良い行いをすれば、だれに知られなくてもきっとどこかで、わかってくれている。
後ろめたい行いや、道理に反する事をすれば、絶対にバレる。そしてバチがあたる。

そんなシンプルな生き方をサンタさんから教えられていたらいいな。と、思います。

今年も一応彼の枕の下を確認した方がいいかしら…。

oh.biichan.

Processed with MOLDIV

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス 住宅事業部
〒444-2123 愛知県岡崎市鴨田南町2番地15 1F
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに