岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店「アトリエプラス」のスタッフブログ

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラス アトリエプラス 住宅事業部
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

kota

こんにちわ!

営業課 菊地です。

今日はこの土日で開催しています見学会の様子を少し!

今回の完成現場は、、、

車好きのお客様×車好きの設計士が提案するガレージハウスです!

・土地の形状をしっかり活かした配置計画

・こだわりたくさんなガレージスペース

・大画面ホームシアターの空間

見どころ満載です!ぜひ遊びに来てくださいね!

植栽

設計の庭瀬です。

主に落葉樹を中心に設えてもらった事務所の植栽も葉が出て賑やかになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近づいて視点を変えてみると色々な発見があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働き方改革

パートを辞めて半年以上が過ぎました。

あまり間を空けずに次のパートを見つけなくては…。

とは思っているのですが、日々の家事や雑事、ほぼ毎日実家に行ったりと、なかなか落ち着いて考える時間が作れずにいるうちに半年も経ってしまいました。

少しまとまった時間が出来たらあれもしたい。これもしなくちゃ。と思っていたのですが、それさえままならず、本当に要領が悪いなと今更ながら実感しています。

後まともに働けても10年ぐらいなのだから、少しでも色々経験出来たらいから、派遣に登録してみよう。パソコンの講座に通ってスキルを磨こう。など、妄想はしていました。ところが、いざ登録しても単発の仕事はなかなかなく、パソコンもテキストを見て、ただ言われた通りにキーボードをたたくだけで、とても使いこなせるようになる気がしません。

新聞の折り込みチラシを見ても、こんなに真剣に働きたい訳じゃないんだよね。

ちょっと遠いなあ。とか、言い訳ばかりでエンジンがかからないのです。

それでも、近くのお店の閉店作業のアルバイトで、一か月の間の5日ぐらい、引っ越し作業の手伝い募集に応募してみました。

前のパートで棚卸し作業や売り場作りなどの仕事もしていたので、本人は出来る気満々だったのですが、結果は不採用…。

何がいけなかったんだろう。

意欲が足りなかった?

考えたくないけど、やっぱり年齢?

役立たずと判断された事。

必要とされなかった事が思いのほか刺さりました。

もともと大した事が出来る器ではない事は自覚しているし、地味にコツコツタイプだとは思っているのですが、もう残された道はパチンコ屋の掃除しかないのか。現実を受け入れる時なのか。

周りの同年代のお友達は、子供の成長を機にフルタイムで働き出したりロングタイムのパートをしていたり、何かしら働いているのです。

なんだか自分だけがサボっているような不安な気持ちになりました。

このままでいいのか、もっと本気になるべきなのか。

私の働き方改革の方針は未だ定まらずにいます。

今では求人チラシも、まず年齢制限欄を確認。

30代から40代の方活躍。って本当は何歳ならいいのさっ。

と言う気持ちではありますが、まだまだ希望を捨てず、決して無理せず、自分の出来る事を探して行きたいと思うのです。

oh.biichan.

耐震補強

こんにちは 森小です。

豊田市I様邸は大工工事を行っております。

大工さんが入り始めて早1ヵ月半が経とうとしていますが

I様邸は家が大きくフルリフォームに近いためまだまだこれからといった状況です。

新築とは違い、既存の状態を生かしながら以前より快適な住居にしなくてはいけないリフォームは

考えなくてはいけないことが本当に多いです。

時にはどちらを優先するのかといった選択も必要です。

今回I様邸では可能な限りでの耐震補強工事を行っております。

耐震壁となる壁は、合板を柱内に納められるように受けの金物を打つところもあります。

写真に映っている柱の横に付いているシルバーのものはアルミの不等辺アングルです。

この不等辺アングルは奥行き9ミリで、写真のような土壁があって

奥行きの無い所でも使えるものになっています。

これに合板を留めるわけですが、

ビスの種類の指定からビスを打つ間隔の指定まで

あらゆる決まりがあります。

ここは10cm間隔で打ってありますが

このアルミには穴があいていないので大工さんが

穴あけを行わなくてはいけません。

この作業だけでもかなりな時間を費やしそうです。

 

 

 

1階では下屋への水平剛性を高めるための天井への合板貼りを行っています。

こちらは懐に余裕があるため受け材は木材です。

これらの他にもそれぞれその場所に使える金物で筋交いの補強や柱・梁の補強を行っていきます。

 

見えなくなる部分ですが丁寧な仕事をしてくれるのでとても安心です。

 

 

壁の中、天井の上

設計の庭瀬です。

先日、現在建築中の『真伝町の家』に現場確認に行きました。

大工造作工事は段取り良く順調に進んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は2Fの天井下地の絵です。

まず、見て思うことが、
きれいで整然としていますね。

実際には天井を伏せてしまうので見えなくなってしまいますが、
見えないところまでしっかりと美しく造作がされています。

壁の中も同じですが、建ってしまうと見えなくなってしまうところがどうなっているか興味はありませんか?

どういった柱を使って、何の断熱材を使っているか?
どんな仕事(造作工事)をしているのか?

ウッドアートグループは随時、構造現場のご案内もしております。

ご興味のある方はこちらまで。

 

土間のあるイエ見学会を行いました。

こんにちは、アトリエプラスの西崎です。

先日西尾市にて、完成見学会を行いました。

フルオーダー住宅のお家なので、お客様がしっかりと反映された間取り仕様のお家でした。

今回のお客様はなるべくエアコンに頼らない生活がしたいということで
通風をしっかり計画した間取りとなっていて、南面の大きな窓から風がよく入り
天窓から熱気が排出されるという作りになっています。
夏場はこの風通しの良さをいかして、なるべく冷房を使わない生活を

冬場は厳寒の時は薪ストーブという心強い味方がいます。
さらに薪ストーブの効率を高めるために、ストーブが置いてある南側1面が
土間になっており、コンクリートがストーブの熱をしっかり吸収して
夜間も急激に冷え込まないようになっていました。
さらにこの土間コンクリートは太陽光の熱も効率的に吸収できるので
ストーブをつけるほどでもない気温の時も安心です。

自然と共に生きる家というのは、もちろんエコですし
省エネにもなるので経済的です。
しかし、その分自然の環境に左右されるということでもあります。

周囲の環境にあわせて、間取り等を設計する必要があるので
建築家と共に作るフルオーダー住宅でこそ強さが生きてくる家でもあります。


安城市 離れのリフォーム

こんにちは、アトリエプラスの比嘉です。

先日のリフォーム現場の立会の写真です。

1階は水廻りが全くない離れにキッチンなどを増設、さらに

間取りを大幅に変える大規模リフォームです。

断熱材も施工して、快適なお家になると嬉しいですね。

柱や梁の補強をして、安全性を保ちながら間取りを変更していきます。

 

お引き渡しは5月。これから急ピッチで進む工事。

楽しみです。

saga2

営業の菊地です!

sagaでも紹介した佐賀県の工務店のマルシェの続きを…

今日は内観です!

saga

こんばんわ!

営業の菊地です!

春の陽気が気持ちいですよね、という感じで始めようと思ったのですが、、

寒くないですか?今日。

 

先日、佐賀県の工務店に行かせていただきました。

忙しい中、お時間を作っていただきマルシェを見学させてもらいました!

山小屋の家 地鎮祭

こんにちは、アトリエプラスの比嘉です。

 

久しぶりの投稿になってしまいました。

久しぶりなので、たくさん写真がたまっています。

 

まずは、地鎮祭の写真から。

新東名の岡崎SAからほど近いこの場所で、先日地鎮祭を執り行いました。

といいつつ、もう間もなく上棟なのですが。

 

こちらは、5月に構造見学会を開催する予定でもあります。

(決定しましたら、HPでお知らせします)

 

山小屋風のとても楽しいお家ができあがります!

また9月から3ヵ月間期間限定モデルハウスとしても

公開させていただきます!!

 

ぜひ楽しみにお待ちください!!

 

http://www.atelierplus.co.jp/common_news/search/search.php?dk=0&page=1&seek=true&bunrui=1&moyori=1

ぜひ↑↑最新情報をチェックしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 アトリエプラスウッド・アート・スタジオ株式会社
アトリエプラス 住宅事業部
〒444-0076 愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL.0564-83-5426  FAX.0564-83-5429
Copyright 岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 atelier+. All Rights Reserved.

ページトップに